麗しのCHANEL(2) - ブランドコラム - ブランド買取 | 金買取業界最高水準のゴールドプラザ

Service list

ゴールドプラザでは下記商品の買取をご提供させていただいております

  • 金・プラチナ
  • ブランド品
  • ダイヤモンド・宝石
  • 時計
  • カメラ・レンズ
  • 衣料
  • 切手

麗しのCHANEL(2)

シャネルの名言集

まだ女性が主張することが許されなかった時代、そして農民の生まれという上流階級に虐げられた社会制度の中で男性と対等に生きるために戦い、モードの最高潮まで登りつめたシャネル、彼女の残した数々の名言をご紹介します。

シャネルの名言 1

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。
"Nature gives you the face you have at twenty,it is up to you to merit the face you have at fifty."
50代のシャネルは人生のうちで一番美しかったといわれています。50代半ばの頃も、30歳にしか見えなかったといわれています。70代で復帰した時も、70代には見えなかったようですが、シャネル自身は「仕事をしていないことでものすごく老けこんだ」と周りにもらしていました。しかし「仕事をはじめたら病気が治った」とも語っています。シャネル流に言うと、退屈な日々が人を老化させるという事なのでしょう。

シャネルの名言 2

かけがえのない人間になるためには、常に他の人とは違っていなければならない。
"In order to be irreplaceable one must always be different."
「特別な人にならなくては」と、野心と上昇志向を子供も頃から持っていたシャネル。彼女が目の高い貴族や芸術家に一目置かれたのも、「面白くて、エキセントリックで個性的な女性」だったからでしょう。古いフランス映画を見るとブリジット・バルドーやジャンヌ・モローなど、誰1人として他に似ている女優はいません。女優の1人ひとりが、個性的な美しさを持ち、自分の装いをしています。今は画一化された没個性の時代だといわれますが、あなただけの美しさを見つける事が大事だとシャネルなら言うでしょう。

シャネルの名言 3

香水をつけない女性に未来はない。
"A women who doesn't wear perfume has no future."
詩人ポール・ヴァレリーの言葉を借り、シャネルが口にしていた言葉です。革命的手腕により「№5」が誕生し、ネーミングも、容器も、それまでの常識をくつがえすモダンな感覚が人々を感動させました。20世紀を代表する美術品にも匹敵するとされ、ニューヨーク美術館に永久保存されています。

シャネルの名言 4

男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになる!
"As long as you know men are like children, you know everything!"
恋多き女であったシャネルは、自分から男性を追いかけはしませんでした。結婚はゴールではない。しかも、その後に退屈されるような女になってはいけない。男は子供じみて飽きっぽいもの。そんな男たちは、たとえ最愛の妻でも結婚したら家において、自分は自由に好きなように生きていく。家で待つだけの女になったら、家事・育児を任されたうえ、飽きられれば捨てられる運命なのよ、とシャネルは警告する。彼女は多くの男性から求愛を受けながら、女王蜂のように生きたのです。

シャネルの名言 5

謙虚さは「エレガント」である。
"Elegance is refusal."
彼女の生まれは決して裕福ではありませんでした。しかし贅沢とエレガンスが無縁である事を、シャネルは自分の人生で身を持って証明してみせました。いろいろな色や柄をプラスする事がいかに醜いか、社交界に入りオペラ座でホールを見渡した時に色、色、色の洪水に醜悪さを覚えたとか。その時女性の全てに“色のない色”すなわち黒を着せ美しく輝かせたいと決心したという。シャネル・スタイルのひとつ、リトル・ブラック・ドレスの誕生にもつながっています。

シャネルの名言 6

公爵夫人はほかにもいたけれど、ココ・シャネルはただ1人。
"There have been several Duchesses of Westminster but there is only one Chanel!"
ウエストミンスター公爵とお別れをした時のセリフ。56歳のシャネルが大富豪ウェストミンスター公爵に言った別れの言葉。別れのきっかけは、侯爵が仕事に追われて求婚をかわし続けるシャネルに付いていけず、結局身分のある別の女性と結婚することを決めたのがきっかけだったとか。大富豪うえ、働く情熱を理解できない侯爵に、シャネルとのすれ違いがあったようです。

シャネルの名言 7

流行とは時代遅れになるものよ。
"Fashion is made to become unfashionable."
私たち女性は、次々と新しい流行に飛びつきやすいもの。その中にあって、美しいだけの服だと忘れられやすい運命にあることを、シャネルは確信していました。そして、彼女の作る服は、時代の必然性や機能性に裏打ちされたものなので、時代を超えて普遍的なスタイルを確立し、今も不滅の地位を築いています。
ご検討されているお客さまへ WEBお問合せはコチラ 0120-2525-55

はじ めての方でもご安心下さい!

初めて買取を依頼する時はわからない事が多いかと思います。
実際に売る時に必要になる書類、査定からお支払いまでの流れを簡潔に、かつ詳しく分かりやすくご紹介します。