モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)買取

スイスのセイネレジェにある時計ブランド

モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)は、1975年に設立されたスイスのセイネレジェに本社のある時計ブランドです。
比較的新しいブランドながら、機械式時計のクオリティの高さとモダンな時計デザインが広い支持を得ています。

ファイブハンズやムーンフェイズ、マスターピースのシリーズが評判

モーリス・ラクロアの時計でも特に有名なのは、5本のセンター針があるファイブハンズやオーセンティックなデザインのムーンフェイズが月齢を示すムーンフェイズなどです。
以前は比較的安価なクォーツ時計を中心に製造していましたが、現在ではマスターピース・シリーズを中心に本格的な機械式時計の製造にも積極的に参入しています。

特に、ダイヤルの左右に大きなレトログラード針があるレトログラード機構は、インパクトの高いデザインとモーリス・ラクロアらしさが溢れた逸品として人気を集めています。
マスターピースのシリーズは、シースルーバックが特徴です。
通常の時計はステンレススチールなどの金属で覆われていますが、裏ぶたをサファイアクリスタルで作ることによって、ムーブメントの機構を見ることができるのです。
テンプや歯車の動きを観賞できるシースルーバックは、機械式時計の魅力を堪能できるので、時計愛好家に人気を呼んでいます

自社工場での一貫生産がハイクオリティで価格訴求に優れた時計の製造を実現しているモーリス・ラクロア

モーリス・ラクロアの時計は比較的求めやすい価格で販売されていますが、これは自社工場で製造してコストを低く抑えているからです。
高い技術力と高品質の素材を使用した高級時計がリーズナブルな価格で入手できるのも、モーリス・ラクロアの魅力と言えるでしょう。
初めてスイス製の本格腕時計を買い求めようとする人々に人気のブランドというのもうなずけます。
そのため、買取市場でも活発に取引が行われ、買取で人気を呼んでいます。