12月の誕生石・タンザナイトの特徴

2016/06/15

december-birthstone
タンザニアの夜をイメージして名付けられたというタンザナイト。

光の当たり方で青や紫など異なる色に見えるという不思議な魅力を持ったこの宝石が、なぜ12月の誕生石に選ばれたのでしょうか。

その理由に迫るべく、タンザナイトの歴史や特徴などを探ってみたいと思います。

ジュエリー・宝石-こんなもの買取ります

タンザナイトが12月の誕生石だと知らない方も……

12月の誕生石はトルコ石(ターコイズ)では?

そんなふうに思った方もいるかもしれません。

確かに誕生石のラインナップを見てみると、古くから12月にはトルコ石が入っています。

古代より多くの人々に愛されてきたトルコ石ばかりが目立ってしまい、タンザナイトはあまり浸透していないというのが現状のようです。

比較的新しい宝石であるタンザナイト

タンザナイトが12月の誕生石としてあげられるようになったのは近年のことで、その理由としてまずあげられるのは、タンザナイト自体が近年に発見された新しい宝石だということです。

発見されたのは20世紀後半のタンザニアで、発見された時には「ブルーゾイサイト」という名前でしたが、その後アメリカのティファニーが「タンザナイト」という新たな名で販売して人気を博し、広く知られるようになりました。

それ以降、トルコ石などと共に12月の誕生石としてあげられるようになったのです。

12月生まれにピッタリのタンザナイト

一説によると、自由で楽天的ながら、忍耐力や持久力も持つ方が多いという12月生まれ。

しかしその忍耐力や持久力が裏目に出てしまい、何でも一人で抱え込む傾向があると言われています。

タンザナイトはその人の良い面をより引き出し、周囲と調和しながら前へ進んでいけるように方向性を示してくれるパワーがあるとされており、12月生まれの方にふさわしい宝石と言えるのではないでしょうか。

タンザナイトの持つ不思議な魅力は、12月生まれの方だけでなく、多くの女性がハートを掴まれるはず。

ぜひこの神秘的な宝石を次のプレゼントの候補に加えてみてはいかがでしょうか。

ただし、タンザナイトは耐久性の低い宝石ですので、取り扱いには十分注意してください。

tanzanite