おうち時間を有効活用!「宅配買取」を利用し臨時収入を!!

2021/03/01

新型コロナウイルスの感染拡大により、人々の生活行動は大きく変わりました。それを受けて小売業や飲食店などを中心に感染予防対策としてデリバリー・宅配といった非接触サービス志向が高まり、リユース業界においても「宅配買取」サービスが再び注目を浴びています。今回はそんなコロナ禍において、「宅配買取」サービスを利用するメリットについて解説させていただければと思います。

コロナで変化した消費者心理と買取事情

昨今、世界中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が深刻化する中、世界各国ではロックダウン、日本においても緊急事態宣言など、国を挙げての感染防止対策が進められてきました。
そんな中、人々の生活も一変し、経済活動による消費者の行動心理にも大きな変化がもたらされています。
特に、小売業や飲食店などを中心に感染予防対策として、デリバリー・宅配といった非接触サービスに注力する動きが目立ってきました。そして、リユース業界においても従来から存在はしていた非対面取引のサービス、「宅配買取」に注目が集まっています。
そのキッカケとして、国や行政による不要不急の外出を控える行動の呼びかけや、企業等におけるテレワーク推奨・促進の影響により家族が自宅にいる時間が増え、「家の中でいかに快適に過ごすか」が重視されるようになり、自宅にある不用品を片付けることで気持ちやプライベートスペースをスッキリさせたい、いわゆる「断捨離」効果にあると言われています。
また、将来を見据えた生活面の不安などから、「使わないものは捨てるより売って換金できたら」という心理も働いているのかもしれません。
ある統計データからは、「緊急事態宣言中に家で何をやっていたか」を聞くと、約3割以上の方が「片付け・清掃」という結果が出ています。
ちなみに「リユース」とは、「再使用」とも呼ばれ、一度使用された、もしくは未使用のモノを再利用する仕組みであり、近年「地球温暖化」などの懸念から世界的に注目を浴びている環境用語でもあります。ヨーロッパやアメリカなどにおいては、家具や時計・宝飾品など「古き良きモノを大切にする」文化が根強く、いわゆる「アンティーク」として取引市場も賑わっています。
日本においても、近年インターネットによるオークションやフリーマーケットが市場として注目されていますが、個人による裁量が大きいため、出品の作業などその手間を考えるとモノにもよりますが、買取事業者に売却される方も増加傾向にあると言われています。

一方で、買取事情に目をむけてみると、コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、市場の相場に影響をもたらす宝飾品やブランド品の買取価格も日々変動している状況です。代表的な例で言いますと、宝石の王様「ダイヤモンド」や時計界の王様とも呼ばれる「ロレックス(ROLEX)」の国際相場は、一時的に急落するなど今後上昇傾向に進むのか読めない状況にあり、カバンやバッグなどで有名なラグジュアリーブランド「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」は、2020年に複数回のアイテムの値上げという価格改定に踏み切っています。
また、「有事の金」とも呼ばれる安全資産「金(GOLD)」においては、先行きの見えない世界情勢の不安定要素が原因として、世界の機関投資家や個人投資家の間で買いが殺到し、史上稀に見る高値で推移しています。

このような状況の中、相場が高いうちに、下がらないうちに買い取ってもらいたいと思うのも消費者心理というものです。そして、不要不急の外出をせずに、おうち時間を活用し、非対面でまとめて買取してもらえる「宅配買取」サービスが脚光を浴びるのも当然の結果と言えるのかもしれません。
金相場バナー画像

「宅配買取」を利用するメリット

コロナ禍において、家にいる時間が増えたことで、この際モノが多くなってきたので家の中をすっきりとさせ、少しでも前向きになったりリフレッシュしたいと、「断捨離」がトレンドになりつつあることは、よくメディアでも取り上げられています。また、高齢者の中には、体力が衰えてからでは整理は困難という理由から、今のうちに今後の自分の人生に「必要のないモノ」を生前整理するといった、いわゆる「終活」を考える方も増えているようです。
このように、コロナ禍においておうちに眠る不用品を整理する傾向が高まりを見せるなか、モノによっては捨てるだけで処理の費用がかかってしまったり、ゴミ出しや分別の手間などもあり、買取事業者によってリユース(再使用)してもらうことで、お金に変わる可能性があるのならば、利用しない手はないという方も少なくありません。
しかも、非対面・非接触で買取が可能な「宅配買取」サービスは、今の時代のニーズに沿った最適な買取サービスといっても過言ではないでしょう。
今やリユース・買取事業者の多くが実施する「宅配買取」サービスですが、買い取るモノの条件・種類(服・本・家具・ブランド品・宝飾品・貴金属など)や細かなサービスに差異はあるものの、基本的なサービス内容はあまり変わりません。ここで、代表的なメリットについて、いくつかご紹介させていただきます。

メリット1:お店に行かなくても大丈夫
なんと言っても、自宅に居ながら買い取ってもらい換金できることが、「宅配買取」の最大のメリットです。しかも、同じ自宅に居ながら買い取ってもらえる「出張買取」とは違い、非対面・非接触取引のため感染リスクも避けられます。

メリット2:全国どこから送っても買取相場は大都市圏(東京など)のお店と同じ相場
東京や大阪などの大都市圏にお店を構えている事業者であれば、必然的に地方と比べ流通量が多いため、買取相場が高くなる傾向にあります。例えば、地方にお住まいの方でも、東京にお店を構える事業者の「宅配買取」サービスを利用することで、東京の相場で買取査定が行われます。

メリット3:宅配買取キット等を申し込み、不用品を詰め込んで送るだけ
電話やホームページ・メールなどで、宅配買取に必要な梱包材(段ボール箱など)や配送伝票などの一式(キット)を申し込み、事業者から送られて来た梱包材に不用品をまとめて詰め込んで送り査定結果を待つだけ、インターネットによるオークションやフリーマーケットに比べ手間がかかりません。

メリット4:取引のスピード対応
集荷後のスピード査定はもちろんのこと、査定結果にご了承いただき買取が成立すると、基本1~2営業日以内に現金振込といったスピード対応をとる事業者が一般的です(当社は基本、営業日換算で、集荷後24時間以内査定結果連絡、買取成立後24時間以内振り込み手続きの対応)。実店舗にて買取を依頼する場合よりは多少日数はかかりますが、遠方よりわざわざ出向いて買取しようと思う方にとっては、運ぶ労力や移動時間、交通費などのコスト面において、むしろ宅配買取の方がメリットも多いと言えるでしょう。

メリット5:「宅配買取」にかかる費用は基本「無料」
宅配買取必要な梱包材・配送伝票などの一式(キット)、送料、査定料などの「宅配買取」にかかる費用は、基本無料なのが一般的です。事業者や買い取るモノによっては、査定結果が希望に添えなかった場合、返送料が依頼者負担になるケースがありますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう(当社の場合、基本返送費用は当社で負担)。

以上になりますが、「宅配買取」の醍醐味を一言で言ってしまうと、「自宅から送料無料で簡単に不用品が売れること」に尽きます。
宅配買取バナー画像

安心して「宅配買取」を利用してもらうために知っておきたいこと

さて、いざ「宅配買取」サービスを利用するとして、どこに頼めば良いのかわからないこともあるかと思います。
そのような時に、まず知っておきたいこととして、買取事業者には得意な分野やジャンルがあるということです。
例えば、ブランド品のバッグや財布を、服・本・ゲーム・家具等なんでも買い取ってくれる事業者よりも、ブランド品を得意とする事業者に依頼することで、専門の鑑定士による査定の結果、高額の買取が期待できる可能性が高くなります。
また、「宅配買取だと対面してないため、ちゃんと査定してくれるのか不安」「安心してお願いできるお店かわからない」などの悩みを解消するために、依頼する事業者を見定める判断基準として、お店の信用・実績や取り組み・姿勢などをホームページ等で調べてみると良いでしょう。
例えば、わかりやすいところで信用・実績ならば、創業年数や累計利用者数、メディアへの露出頻度などである程度判断はできると言えます。そして、お店の取り組み・姿勢については、昨今で言えばコロナ禍において高まる衛生意識に応え、より徹底した環境衛生対策を講じている取り組み、クチコミなどによる顧客に対する姿勢などが評価すべきポイントになるでしょう。

ちなみに当社においては、累計利用者数はおかげさまで47万人を突破(2021年2月時点)、報道番組など多数のテレビ出演の実績がございます。もちろん店舗におきましても、国の店舗における新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防ガイドラインに遵守した、「従業員のマスク着用、体温管理」「店内消毒」「定期的な換気」「各ブースや部屋等にアクリルパーテーションの設置」等、飛沫感染・接触感染の防止対策を徹底しております。

最後に、おうちの片づけには思わぬ労力や時間を要します。また、ご自身では値打ちがつかないものと判断していても意外な査定金額が出ることもあります。もう「宅配買取」を利用しない手はありません。おうち時間を有効的に使い、「宅配買取」サービスのメリットを最大限活用し、いざというときのために臨時収入をゲットしてみてはいかがでしょう。