ヨットマスターⅡ最新買取相場

ロレックス相場高騰バナー画像
LINEキャンペーンバナー画像2
ロレックス販売バナー画像
rolex-rate_banner
goldplaza_line-cp_banner-1
rolex-sell_banner
previous arrow
next arrow

ビーチリゾート用に誕生したヨットマスターに比べてヨットマスターⅡはヨットレースを楽しむ人向けに作られた時計です。ヨットマスターⅡ専用ムーブメントであるレガッタ・クロノグラフムーブメントと内部メカニズムと連動するリンクコマンドベゼルを用いる事でヨットレースに必須なレガッタ・カウントダウンを搭載している。

主要モデルの最新価格相場推移

ヨットマスターⅡが実際にどれくらいに期間で価格変動を起こしているかを各モデルごとに特徴と価格推移をみていきたいと思います。

ヨットマスターⅡ Ref.116680

商品画像
ロレックス/ヨットマスターⅡ画像
商品詳細
型番116680
定価2,219,800円
製造期間2013年~現在
文字盤ホワイト
ケースサイズ44mm
2013年に誕生したオールステンレスのヨットマスターⅡ。先駆けて販売されていた金無垢モデルやロレゾールモデルに続く形で販売され、これらのモデルに比べると安価で購入できる為にとても人気が出た。2017年には時針・分針がバーからメルセデスに変わり、秒針はブルーコーティングからロジウムコーティングへと変更された。また12時のアワーマーカーが四角形から逆三角形へと変更された。2021年には定価以上で取引される事が多くなり、夏頃から相場が常に上昇している。2022年1月のロレックス定価値上げの影響で更に買取相場が高騰し、ピーク時には240万円前後で買取されていた。2022年8月現在では少し落ち着きを見せて220万円台の買取相場を推移している。

ヨットマスターⅡ Ref.116681

商品画像
ヨットマスターⅡ画像
商品詳細
型番116681
定価3,018,400円
製造期間2011年~現在
文字盤ホワイト
ケースサイズ44mm
2011年に誕生したヨットマスターⅡの一つ。ロレックスのスポーツモデルにピンクゴールド(エバーローズゴールド)が初めて使用されたのもこの時期と言われている。2017年には時針・分針がバーからメルセデスに変わり、秒針はブルーコーティングからロジウムコーティングへと変更された。また12時のアワーマーカーが四角形から逆三角形へと変更された。2021年末ほどに定価を超える280万円台で取引され始め、ピーク時には315万円程の買取相場を推移していた。2022年8月現在では290万円付近の買取相場を推移している。ここ数ヶ月間同じ価格帯を推移していたが8月に入り買取相場は微減した。

買取金額や査定のご相談などお気軽にお電話を!!

0120-252-555

受付時間 11:00〜20:00スマートフォン可

ライン査定バナー画像

ヨットマスターⅡの最新相場一覧

※下記はあくまで買取相場であり、実際の買取価格を保証するものではありません。

モデル型番素材備考買取相場無料査定
ヨットマスターⅡ116680SS2017年製造以降¥2,000,000-査定申込
ヨットマスターⅡ116681SS×PG2017年製造以降¥2,580,000-査定申込
ヨットマスターⅡ116688YG2017年製造以降¥4,600,000-査定申込
ヨットマスターⅡ116689WG2017年製造以降¥4,100,000-査定申込

ゴールドプラザはヨットマスターⅡを最新相場で買取致します。

ゴールドプラザはヨットマスターⅡを最新相場で買取致しております。
新品はもちろん廃盤モデルも中古市場では高い需要がございます。
モデルによってはプレミア価格がつき、販売当初の定価を超える物もあるほどです。
お見積もりだけでも構いません。ご売却の際は是非ゴールドプラザへお越しください。

GP強みバナー画像