シャネルの魅力

2015/07/15

chanel-charm
「あ、シャネルのバッグ!」

シャネルのバッグを持って街を歩いている人を見るたび、いいなぁと思う人も少なくないと思います。

今や世界中の女性が憧れてやまないブランド、シャネル。

その名前を聞いただけで、テンションが上がってしまうという方もきっと多いでしょう。

シャネルは単に「有名だから」「おしゃれだから」「品質が良いから」という魅力だけではありません。

シャネルに隠されたその魅力をご紹介しましょう。

「シャネル」という特別な魅力

ほかの有名ブランドとは異なり、シャネルが特別な地位を得ている背景には、実は創業者であるココ・シャネル自身の「ある考え方」が影響を与えています。

ココ・シャネルが活動を始めた1910年頃は、どこか女性を縛るような風潮があり、ファッションがそれを象徴していた時代です。

「固いコルセットを身にまとい、窮屈な服装をよしとする」

この時代の女性たちはそうした「窮屈な」ファッションによって、美しさを表現していましたが、逆から見ると「女性は美しければそれで良い」、「女性は美しさ以外を求めてはならない」という思想も見え隠れします。

こうした時代に一石を投じたのがココ・シャネルでした。

スポーティーで機能性重視の服をデザインし、女性をコルセットから解放したのです。

コルセットを外すということは、女性にとって精神的な解放の象徴ともなりました。

こうしたココ・シャネルの考え方を背景に生まれた、斬新でシンプルなデザインの数々。

彼女の考え方、生き方に共感したマリリン・モンローが、シャネルの香水「No.5」を愛用していると発言したことを機に、シャネルの魅力が世界中に伝わって、現在のような世界的なブランドに一気に飛躍することになったのです。

chanel_main

シャネルの歴史

シャネルの魅力を語る上で、シャネルの歴史をご紹介しないわけにはいきません。

●1910年
パリ・カンボン通り21番地に創業された帽子店「シャネル・モード」が現在のシャネルの始まり。

●1914年
リゾート地で知られるドーヴィルに、ブティック1号店を開店。

●1916年
最初の「シャネル・オートクチュール・コレクション」を開催。デザインには、ココ・シャネルの女性解放的な考えが反映されるようになる。

●1921年
世界一有名な香水「No.5」を発表。

●1939年
第二次世界大戦の影響で、多くの店舗を閉鎖。

●1954年
カンボン通りの店を再開。シャネルブランド復活。

●1971年
住居であったホテル・リッツにて、ココ・シャネル死去。

●1984年
香水「ココ」を発表し、注目を集める。

●1995年
シャネルの歴史上、最も人気があった時代で、日本に「シャネラー」と呼ばれる大旋風が起きる。

およそ100年もの長い年月が経過しても、シャネルの魅力は衰える事を知りません。

扱うアイテムは、服飾や化粧品、香水、時計、アクセサリーなどファッション全般にわたります。

現在でも、シャネルはその魅力で多くの人を魅了して、ブランドとして不動の地位を確立しています。

1900年代前半に生まれたシャネル。

ココ・シャネルという一人の女性の生き方への共感が、時代を超え、国境をも超えて愛される魅力あふれるブランドです。

今日もまた、シャネルの魅力は誰かを振り向かせているはずです。

「あ、シャネルのバッグだ」という具合に。

ブランドコラム一覧