ダイヤモンドのプレゼントに込める思い

2015/07/04

meaning-of-the-gift
プレゼントの定番と言えば、ダイヤモンドのアクセサリー。

女性へのプレゼントとして贈ったことがあるという方も多いかと思います。

実はダイヤモンドのプレゼントには、さまざまな意味があるのをご存じでしょうか。

そこで今回は、ダイヤモンドのプレゼントに込められた意味についてご紹介しましょう。

婚約指輪や結婚指輪にダイヤが選ばれる理由

ダイヤモンドの指輪は婚約指輪や結婚指輪として、多くの方に選ばれています。

ダイヤモンドがほかの宝石と大きく異なる点はその輝き。

キラキラとした輝きは、幸せいっぱいで華やかなイメージの花嫁にぴったりですが、それ以外にもダイヤモンドが選ばれる理由がいくつかあります。

石言葉

ダイヤモンドの宝石言葉は、「永遠の絆」「純粋」「清純」。永遠の愛や純白の花嫁、結婚式のイメージにぴったりだと言えます。

またダイヤモンドは無色透明なものが多いので、まさに「純粋」「清純」を体現していると言えるのではないでしょうか。

鉱物の中で最も硬い

ダイヤモンドは鉱物の中では最高の硬さを誇ります。そのため、耐久性が高く長く使用できますし、親から子へ子から孫へと代々受け継いでいくことにも適しています。

また、その硬さゆえに「壊れることのない気持ち」という意味を込めて贈るのだとも言われています。

誰でも喜ぶ?ダイヤモンドという魔法の石

ダイヤモンドは希少で高価なものであるうえに、小さなものでも美しい輝きを楽しむことができます。

女性にプレゼントとして贈れば喜んでもらえる可能性が高いものだと言えるでしょう。

宝石会社が制作したダイヤモンドのCMは、結婚、婚約、女性へのプレゼントというイメージで制作されたものが多いため、男性が女性へのプレゼントを選ぶ際、真っ先にダイヤモンドのアクセサリーが思い浮かぶのだと考えられます。

また、そういったイメージ戦略の結果、ダイヤモンドに憧れを抱く女性も増加しました。

宝石の王様と呼ばれているダイヤモンドをプレゼントされることで、「相手から特別に思われている」と感じるという方もいると思います。

ダイヤモンドが散りばめられたアクセサリーは市場にも多く出回っており、たくさんのジュエリーブランドが販売しています。

ダイヤモンドのグレードによって価格帯にも幅があり、予算に合わせて贈れることもプレゼントに選ばれる大きな理由になっているのかもしれません。

ダイヤモンドには不幸を寄せ付けない、パワーを増長させる、絆を深める、富を引き寄せるなどの意味があるとされていて、パワーストーンとして身につける方もいるようです。

プレゼント選びが苦手な人におすすめ!人気のダイヤモンドデザイン

ダイヤモンドは年齢を問わず好かれる傾向にありますので、プレゼントを選ぶのが苦手という方にもおすすめです。

指輪はサイズが分からないと購入できませんので、ブレスレットやネックレスなどのアクセサリーを選ぶと良いでしょう。

一粒ダイヤのネックレスなどは買いやすいお手頃な値段のものも数多くあります。

大粒のものは値が張りますが、ネックレスの場合はシンプルな小粒のもののほうが日常使いとして喜ばれる傾向にあります。

知っていますか?ダイヤモンド婚式

結婚60年目を祝う「ダイヤモンド婚式」というものがあるのをご存じですか?

結婚25年目を祝う銀婚式などと意味合いは一緒ですが、結婚60年となると大変な長さです。

その価値のあるお祝いの名前に「ダイヤモンド」が用いられているということは、ダイヤモンド自体が大変価値のある宝石だと認識されている証拠だと言えるでしょう。

今回は、ダイヤモンドに込められた意味や、人々が持つダイヤモンドのイメージについてご紹介しました。

プレゼントを選ぶ際の参考にしてみてください。

ダイヤモンドコラム一覧