いくつ知ってる?ダイヤモンドの意外な用途

2015/07/09

diamond-applications
ダイヤモンドといえば、ジュエリーを思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、実はダイヤモンドは工業分野など多方面で使用されています。

今回は、ダイヤモンドの用途についてご紹介しましょう。

ダイヤモンドが宝飾以外で使われる理由

ダイヤモンドは、鉱物の中で最も硬く、鉱物に対する硬さの尺度である「モース硬度」は最高ランクの10です。

そのため、ほかの鉱物とぶつかっても傷つきにくいという特徴があります。

そのほかにも、電気絶縁体であり、熱伝導性、光学的特性に優れているため、工業用として利用される場合は、こういった性質を活かしたものが多いようです。

いくつ知ってる?ダイヤモンドの用途

それでは実際にダイヤモンドがアクセサリー以外で使われているものをいくつかご紹介しましょう。

ダイヤモンドカッター

回転する刃の先にダイヤモンドを混ぜて、刃の硬度を上げています。コンクリートやタイルなども切断することができるので、建築現場などでよく使われます。

ただ、ダイヤモンドも高熱が加わると気化してしまいますので、金属の切断には向きません。

レコード針

レコードの針は、繊細な角度や細さが必要とされるだけでなく、数千回の使用に耐えられる耐摩耗性が絶対条件。

硬度の高いダイヤモンドは、最適の素材だと言えます。

研磨剤

宝石、金属などの研磨に、粉末状にしたダイヤモンドが含まれる研磨剤が利用されています。

包丁研ぎ器などにも使用されているため、実は一般家庭にも普及しています。

お風呂の鏡を磨く掃除用具などにもダイヤモンドの粉末が使われているものがあります。

砥石

半導体やガラス、金属などの砥石の材料として利用されています。

主に人工ダイヤモンドが使われており、天然ダイヤモンドは砥石本体を成型する際に使われます。

人工衛星の窓

1970年代にアメリカで製作された人工衛星の窓に、ダイヤモンドが使用されていました。

高い硬度と化学的に安定しているダイヤモンドだからこそ、過酷な環境にも耐えられるわけです。

ダイヤモンドドリル

実は歯のエナメル質はダイヤモンドの次に硬いと言われています。

そのため、歯科医が歯を削る際などに用いるドリルの先端にも、ダイヤモンドが使用されています。

この他にも、ダイヤモンドは電気絶縁性に優れていますので、実は電化製品や自動車などの製品を製造する上でなくてはならないものなのです。

間接的ではありますが、私たちの生活はダイヤモンドに支えられているのです。

宝飾用のダイヤモンドと工業用ダイヤモンドは全く別の物

様々なものに使われているダイヤモンドですが、宝石店で売られているような、高価なダイヤモンドが使われている……わけではありません。

実は、採掘されたダイヤモンドの中で、宝飾用として使われるのは2割程度しかありません。

工業用に使用されるダイヤモンドは、宝飾用として使用できない品質の低いものというわけです。

また、人工ダイヤモンドも工業用に使われていますので、これだけ幅広い分野でダイヤモンドが活用されているのです。

このようにダイヤモンドは、今や私たちの生活を支えてくれているといっても過言ではないのです。

ダイヤモンドのお買取に関するご相談はゴールドプラザへ