ヴィトンモノグラムの種類

2015/12/15

monogram-of-material
ヴィトンの数あるラインの中で、高い人気を誇るモノグラム。

ベーシックなモノグラム・キャンバスを中心に、さまざまなデザインや素材のアイテムが販売されています。

ここでは、ヴィトンのモノグラムの種類についてご紹介しましょう。

ヴィトンの他のラインは、ヴィトンのシリーズ(ライン)と特徴をご覧ください。

モノグラムのバッグには、大きく分けて2つのタイプがある

ベーシックなモノグラムと言えば、やはり最初に誕生した「モノグラム・キャンバス」ですが、バッグには大きく分けて2つのタイプがあります。

地面に置いた時にバッグが単体で立つハードタイプと、素材が広がるような構造になっているソフトタイプ。

型崩れしないタイプと、より収納力のあるタイプだと言えますので、用途やシーンに合わせて使い分けると良いでしょう。

louisvuitton_mono

大小さまざまなラインナップ

モノグラムのバッグには、たくさんのモデルが揃っています。

ハンドバックで人気なのは、オードリー・ヘップバーンが愛用したというオーソドックスな形の「スピーディ」や筒型の「パピヨン」など。

トートバッグでは、A4サイズの書類も入る大きさながら軽量である「ネヴァーフル」が人気です。

そのほか、ショルダーバッグやセカンドバッグ、ポーチなどもさまざまなアイテムが揃っています。

カジュアルにもフォーマルにも使える、モノグラムならではの豊富なラインナップが魅力です。

旅に対応できるバッグ

モノグラムラインには、旅行用バッグも販売されています。

高い人気を誇る「キーポル」などのボストンタイプは、荷物の多い外出時や国内旅行などに便利です。

海外旅行や長期滞在などには、キャスター付きのキャリーバッグがおすすめ。

また、出張などに最適なノートパソコンが収納できるビジネスバックもあります。

日常使いができる財布や小物

モノグラムは、財布などの小物のラインナップも豊富です。

長財布や二つ折り財布、がま口、コインケースなどが定番ですが、最近ではエピレザーを組み合わせたツートンタイプも販売されています。

また、小物はキーケースや名刺入れ、パスケースのほか、手帳カバーなど普段使いできるアイテムが多く揃っています。

アイテムだけでなく素材も種類が豊富

モノグラム・キャンバスは樹脂加工したトリム生地以外に、カーフスキンにエナメル加工を施した「ヴェルニ」、キッドカーフスキンにモチーフを縫い込んだ「マヒナ」、キャンパス地にモノグラムを織り込んだ「イデール」などがあります。

また定番以外にも、スエードやミンク、スパンコールなどさまざまな素材がこれまでのコレクションに登場しています。

ヴィトンにはさまざまなラインがありますが、中でもモノグラムはアイテムやモデル、素材の種類が多いラインで、エレガントなものやシックなもの、マルチカラーのようにカラフルでポップなものなど幅広く揃っています。

数あるアイテムの中から、自分の好みや使用するシーンに合わせて選べることも魅力の一つだと言えるでしょう。

ブランド品のコラム一覧