22金(K22|22K)買取【最新買取相場公開中】

買取実績

PURCHASE

22金(K22|22K)とは

22金は、24分の22が純金でできている金製品です。
金の純度で表すと91.7%(厳密には純度91.67%)の製品になります。
22金は、ほぼ純金に近く柔らかいので加工がたやすいのと純金の色に近い黄金色をしているのが特徴です。
一方、金の純度が高いため、18金と比較すると傷が付きやすく変形しやすいという特性があります。
22金は、資産を貨幣ではなく「金(きん)」で所有する習慣がある国々で好まれます。
日本ではK22(22K)の金製品はあまり製作されていませんが海外では非常に人気の高い純度のゴールドです。
政変や戦争、ハイパーインフレなどで突如として財産を失うリスクを身を持って経験している国では紙に印刷した紙幣よりも価値の変わらない資産としてゴールドが好まれ傾向があります。
しかし、純金のインゴット(延べ棒)は重く持ち運びが容易ではありません。
そこで、純金に極めて近い22金でジュエリーを作って身にまとうことで資産を常に身に付けて有事の際に備える風習が根付いている国もあります。
インドや中東、台湾などではK22(22K)のジュエリーが好まれており盛んに製造されています。
日本にも輸入され、資産と装飾品を兼ね備えたジュエリーとして買取市場で高く評価されています。

22金(K22|22K)の金貨を発行している国は?

1930年まで金本位制度を採用していた英国は、現在でも世界屈指の金保有国であり2012年には、在位60年を祝ったエリザベス女王がイングランド銀行を訪問して金の延べ棒の保管庫をみずから視察しました。
その英国が発行しているブリタニア金貨は、22金の金貨を代表する金貨の一つです。
アメリカ合衆国のイーグル金貨は、裏面にオリーブの小枝をくわえたワシが飛翔する姿表面に自由の女神というアメリカを象徴する図柄が描かれているので人気があります。
このほか、南アフリカ共和国では、22金のクルーガーランド金貨を発行しています。

22金(K22|22K)の相場・価格

純金の90%程度の価格となります。
(銀や銅の価格が入るため純金価格の91.6%にはなりません。)

24金には及びませんが、金貨という形でコレクションすることで、いざというときに換金することができる心強い素材です。

本日の金相場・レートはこちら

本日の22金(K22|22K)の相場・レートは?

金のレート(1gあたり)
インゴット(金)
K24
K22
K20
K18
K14
プラチナのレート(1gあたり)
インゴット(Pt)
Pt1000
Pt950
Pt900
Pt850

※土日祝日は貴金属市場が止まるため価格に誤差が生じます。

買取金額や査定のご相談などお気軽にお電話を!!

0120-252-555

受付時間 11:00〜20:00スマートフォン可

ライン査定バナー画像

金貨としての22金(K22|22K)

22金はおよそ91.6%が金で作られています。金種では24金の次に高い金種になります。厳密には、23金というのも存在しますが、日本では見かけることの少ない為、国内の買取店では23金を取り扱っていない話を伺っております。22金の代表的アイテムは金貨になりますでしょうか。南アフリカ共和国造幣局が発行されているクルーガーランド金貨、アメリカ合衆国造幣局で発行されているイーグル金貨、イギリス王立造幣局が発行されているブリタニア金貨、イギリス政府が発行されているソブリン金貨、西オーストラリア州政府公営・パース造幣局が発行されているコアラ金貨等々。この他にも、文化施設の創立記念や会社の周年記念などオリジナルの金貨もあります。一方で、22金のリングやネックレスなどのジュエリーはあまり確認されておりません。18金と違い、90%以上が金で作られている22金は比較的柔らかく、リングは歪んでしまったり、ネックレスは切れてしまう事があります。また、ジュエリーを製作するにしても22金はデザインが難しいのだそうです。
ちなみに、海外では22金のジュエリーが作られています。主に中国や香港、台湾、インド、タイ、東南アジアなどで流通されています。理由については諸説ありますが、22金の黄色味がかった色合いが好まれているのではと考えられています。18金と22金を揃えて見比べてみるとその色の違いがよく分かります。中には、出向いた先で何かトラブルや思いがけない出来事などの万が一を想定し、少しでも高く現金化出来るよう手軽に高い金を持ち運びする為に22金をジュエリーにしているのだとか。海外と比べ比較的治安が良く、犯罪率の低い日本では縁の無い話かもしれませんね。

K22(22金)の主な金貨に関してはこちら
金貨の買取実績はこちら

中国、台湾の金

中国や台湾で作られた金は、22金として扱われるものが多く刻印の種類がいくつか存在します。足金、千足金、万足金、足赤などがあり、おおよそ20金~24金の金種が確認されています。貴金属業界では、チャン金やチャッカム金、アジア金など様々な呼び名があります。不思議なことに、同じ千足金刻印や万足金刻印であっても金種の異なるケースがあります。これは、日本と海外の金種の基準が異なっているのが原因と考えられています。特に古いリングやネックレスは、作られた場所によってなのか、デザイナーによってなのか金種にバラつきがあります。これにより、当日にお買取するのは難しいとされています。お品物のデザインによっては、店頭に設置されている比重計での確認も可能ですが、ダイヤモンドやルビーなどの宝石がセッティングされていたり、空気の含みやすいデザイン性のあるジュエリーは比重計での確認が難しい為、お買取の際は一度お預かりしX線や放射線を用いた精密な検査を行った後、お買取が出来ます。お時間を頂くのは大変恐縮ではございますが、海外製品はプロの鑑定士でも見極めの難しいとされています。その為、一部の買取業者にはその場での真贋が難しいことを理由に金種を下げて安値で買い取ってしまう事例があります。お時間にゆとりのないお客様でお互いの同意があってのお買取は、問題ありませんが、検査で1週間~2週間ほどお時間をかけて正しい金種でお買取されることをオススメします。
予め、お客様の方で海外製品だと判明されているのであれば、宅配買取がよろしいかと思います。近隣に買取店があれば良いのですが、車や電車でお時間かけて足を運んだ後、お預かりになりますと後日、再度足を運んで頂く流れになります。一方で宅配買取であれば、一度発送して頂ければ、宅配買取センターでそのまま金種検査を行うことが出来ます。通常の宅配買取と比べれ多少お時間は掛かってしまいますが、お客様のお手間をかけることはございません。ゴールドプラザであれば、電話やメールにて金種結果をお伝え致します。どうか、安心してご利用頂ければ幸いです。

よくある質問

Q1.査定したお品物は絶対に売却しなければいけないのですか?
無理に売却して頂かなくても大丈夫でございます。査定結果に満足して頂けない場合やどの位の価値になるかを知りたかった場合にはきちんとお返しいたしますのでご安心ください。もちろん査定は完全無料ですのでお気軽にご来店くださいませ。
Q2.査定はどれくらいかかりますか?
お品物の種類や物量によって変わりますが、大体5分~15分程で査定できるかと思います。
Q3.壊れたリングやネックレスはお買取出来ますか?
刻印の確認が取れましたら、その場でお買取が可能でございます。査定時に金種の確認が取れない場合は、一度お預かりさせて頂く場合がございます。
Q4.石の付いたリングやネックレスはお買取出来ますか?
お買取が可能でございます。査定の際、簡単に外せそうなデザインであれば、その場で石を外してお客様にお返しすることも可能でございます。
Q5.金を売却すると税金が掛かりますか?
金を売却すると税金が掛かるかどうかはお答え致しかねます。お客様ご自身で税理士または税務局にお問合せ下さいませ。なお1回の売却取引で200万円を超える場合には支払調書の提出対象取引となります。ご理解とご協力をお願いします。

22金鑑定スタッフからのご挨拶

鑑定士画像鑑定スタッフ:大嶋

コインを中心に流通されている22金は、ゴールドプラザでも買取でのお持ち込みの多い金種になります。

南アフリカに生息するスプリングボックが刻印されたクルーガーランド金貨やアメリカ合衆国の国鳥“白頭鷲”が刻印されたイーグル金貨等々。金貨の種類は大変多く存在し、その数は純金の金貨にも匹敵します。私個人の意見ではございますが、22金の金貨は凝ったデザインが多く見受けられます。例えば、ドラゴンスレイヤーの伝説で語り継がれている古代ローマの殉教者ゲオルギオスのソブリン金貨やイギリスの象徴であり擬人化された「ブリタニア女神」のブリタニア金貨は躍動感のあるデザインがとても素敵です。資産としてはもちろん、コレクションとして集めるのも面白いかもしれませんね。およそ3gほどのちいさな金貨(1/10オンス)もございますので、初めて金貨をご購入される方にはオススメです。ちなみに日本では、バブル期において喜平ネックレスのペンダントトップに金貨を嵌め込んだデザインが人気でした。主に24金や22金でお好みの金貨をペンダントにして楽しまれていたようです。

ゴールドプラザでは22金の店頭買取、宅配買取を全て無料で承っております。

お手持ちの22金が現在どのくらいの価格になっているか査定に出してみてはいかがでしょうか。

22金の高価買取は豊富な買取実績を持つゴールドプラザにお任せくださいませ。

貴金属 買取Q&Aはこちら

22金(K22|22K)の買取はゴールドプラザで

ゴールドプラザは22金素材の買取を強化しています。
クルーガーランド金貨やイーグル金貨など売却のご相談はゴールドプラザをご利用ください。

22金(K22|22K)の買取ならゴールドプラザにご相談ください

買取コラム

COLUMN

良い口コミバナー画像

はじめての方でもご安心ください

はじめて買取を依頼するときはわからないことが多いかと思います。実際に来店する際に必要になる書類、査定からお支払いまでの流れを簡潔に、かつ分かりやすくご紹介します。