コルム(CORUM)-高価買取時計メーカー

本物の金貨を縦割りにして時計ケースにするという斬新な発想が大ヒット

コルム(CORUM)は、1955年創業のスイスの時計ブランドです。
会社創業から間もない1964年に、コルムは世界をあっと驚かす斬新な時計を発表して瞬く間に世界の一流時計ブランドの仲間入りをしました。

アメリカ合衆国が発行する本物の20ドル金貨の中をくりぬいて、表側を時計のダイヤルに、反対側を時計の裏ぶたにしたのです。
アメリカ合衆国の象徴、白頭鷲のモチーフがダイヤルに浮かび上がる金時計は、世界中で大評判となりました。
しかも、一般的な金時計は18金であるのに対し、コルムのコインウォッチのケースは22金と、貴金属としての価値や輝きも魅力でした。

アドミラルズカップのカジュアルなデザインは男女を問わず大人気で買取市場でも高く評価

コルムは、コインウォッチの大成功にあまんじることなく、その後ヨットレースのスポンサーとなったことを契機にアドミラルカップのシリーズを発売してこれも大ヒットしました。
船の信号旗をインデックスに配置したカラフルな文字盤は男女を問わずリゾートやオフタイムにぴったりの時計として現在も人気商品となっています。
もちろん、買取でもアドミラルズカップは大歓迎のモデルです。

美しすぎるムーブメントに魅了されるゴールデンブリッジがコルムが本物の時計ブランドであることを証明

コルムの最新のヒット作は、ゴールデンブリッジです。
時計のムーブメント(駆動機構)は通常は丸型ですが、そのムーブメントをコルム独自の技術で18金を用いて細い短冊型に作り上げたのです。

表面にはエングレービング(装飾のための彫り模様)を施してシースルーバック仕上げにしており、美しいムーブメントを表と裏から観賞することができます。
ゴールデンブリッジは、コルムの歴史に新たな1頁を加えた名品と言えるでしょう。このように、コルムの時計はカジュアルであれ、ドレッシーであれ、常に時代の行く末を見据えた先進的なデザインを採用して人々の心を捉えて止みません。
当然のことながら、買取市場でも人気の高いブランドとなっています。

このように、コルムは時代と連動したファッション性の高いデザインを特徴としているので、現在人気のあるモデルであるほど高い価格で取引されています。