オパール買取【最新買取相場公開中】

買取実績

PURCHASE

オパールとは

赤、黄、青、緑、橙などの斑(ふ)が入った準鉱物の宝石です。
成分中に10%程度の水分が含まれており各色の斑がキラキラと光る(遊色)人気の宝石で遊色の強いものを特にプレシャス・オパールと呼び高額で取引されています。
主にオーストラリア産とメキシコ産に大きく分かれておりオーストラリア産はブラックオパール、ホワイトオパール、ボルダーオパールと呼ばれる種類があります。
ブラックオパールはボディカラーが濃青色、暗緑色、灰色、黒色、ホワイトオパールはボディカラーが乳白色です。
ボルダーオパールは母岩が底部についているものになります。
メキシコ産のオパールはファイヤーオパールとウォーターオパールです。
ファイヤーオパールはボディカラーがオレンジ色と赤色でウォーターオパールは無色透明に近いものです。

10月の誕生石

10月の誕生石であるオパールは、オーストラリアやブラジル、南アフリカやタンザニアが原産地です。オパールには”プレイオブカラー”と呼ばれる独自の美しさを持っています。角度を変えたり光の当て具合によって様々な色味を魅せる遊色効果は、古くから世界各地で不思議なパワーが宿っていると信じられてきました。古代ギリシャでは予言の力を秘めた石、ローマでは希望の象徴、アラブでは天から落ちてきた稲光が石となって大地に残したと言い伝えられてきました。またスカンジナビア(北欧)の女性は、オパールをヘアピンとして身に着ける習慣があります。石に宿される癒しの力が、身に着けた者の心を活性化させ、白髪予防、アンチエイジング効果に繋がるといわれています。まるで虹を宿したかのような色彩豊かな石に、昔の人は願望器としてオパールに無限の可能性を感じたのかもしれません。現在もオパールには歓喜、希望、幸運、純真、安楽、忍耐、好転といった沢山の宝石言葉が詰まっています。
オパールの由来ですが、ギリシャ語のオパリオスからきており、そのオパリオスも元々は古代インドのサンスクリット語であるウパラ(貴重な石)からなぞらえて生まれた言葉と言われています。日本では蛋白石(たんぱくせき)とも呼ばれています。これは、ホワイトオパールが火の通った卵の白身(たんぱく)に似ていることが由来といわれております。
今日、世界中で親しまれているオパールですが、一時期は市場衰退の危機がありました。18世紀頃、イギリスの小説家サー・ウォルター・スコットの作品にてオパールがまるで不吉な石であることを示す描写がありました。国外においても人気だった彼の小説は、世間にオパールへのネガティブな印象を与えてしまいます。オパールの需要がみるみる下がっていく中、イギリスのヴィクトリア女王は王女の結婚祝いとしてオパールのジュエリーを贈りました。知ってか知らずか、女王の行動によってオパールの価値は取り戻されました。

オーストラリア産

世界の産出量の9を超えるオーストラリア産のオパールは品質も高く、州によって採れるオパールも様々です。サウス・オーストラリア州ではライトオパールが産出されています。白色やクリーム色がベースとなっており、別名ホワイトオパールとも呼ばれています。ニューサウスウェールズ州で産出されているブラックオパールは文字通りブラックやダークグレーがベースとなっています。およそ100年ほど前から発掘されており、地色が黒いほど価値が高くなります。3つ目はクイーンズランド州で産出されているボルダーオパールです。母岩の隙間に形成されており、その形と遊色効果によって価値が決められますが、酷似しているブラックオパールと比べて価値はおよそ3分の1といわれています。
オーストラリアで初めてオパールが発掘されたのは、およそ1890年頃。それまでは、ヨーロッパのハンガリーがオパールの主な原産地でした。オーストラリアで採られた色鮮やかなオパールに、ハンガリーの人たちは驚きと戸惑いの表情を見せました。

買取金額や査定のご相談などお気軽にお電話を!!

0120-252-555

受付時間 11:00〜20:00スマートフォン可

ライン査定バナー画像

オパールが高価買取できる理由

内部に水分を含んだ物質であることからこの水分が抜けるとひび割れを起こし斑が光らなくなることがあります。
このオパールの寿命は20年程度とされておりヒビが入っていない遊色の強いオパールは非常に希少性の高い宝石として珍重されています。
その中でも特に様々な色が万弁なく同程度に点在したものはめったにお目にかかることの出来ない逸品となり高額買取が可能になっています。

こんなオパールでも大丈夫!

※こんな状態でも買い取ってもらえるのかな?などございましたら、まずはお電話ください!

昔のデザインのオパールでも大丈夫です!高価買取いたします。
台座から外れた石(オパール)でも拝見します。一度お持ちくださいませ
7色の色、特にレッドの割合の多いオパールは高額買取させて頂きます!
オパールのルース石(裸石)でも拝見いたします!

よくある質問

Q1.査定したお品物は絶対に売却しなければいけないのですか?
無理に売却して頂かなくても大丈夫でございます。査定結果に満足して頂けない場合やどの位の価値になるかを知りたかった場合にはきちんとお返しいたしますのでご安心ください。もちろん査定は完全無料ですのでお気軽にご来店くださいませ。
Q2.査定はどれくらいかかりますか?
お品物の種類や物量によって変わりますが、大体5分~15分程で査定できるかと思います。
Q3.石だけでも買い取ってくれますか?
お預かりになるケースがほとんどです。現場の鑑定士以外にも宝石バイヤーにも直接診てもらう事もございます。誠に恐れ入りますが、1~2週間ほどお時間を頂くかと思います。
Q4.宝石が本物なのかどうか分からないのですが・・・
判別のつかない宝石も是非お持ち込みください。鑑定士が丁寧に査定致します。
Q5.鑑別書が無くても良いですか?
色石の鑑定は大変難しく、鑑別書のない場合は一度お預かりさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

ゴールドプラザはオパールを高価買取いたします。

ゴールドプラザではボルダーオパールやファイアーオパールなどオパールを用いたジュエリーを高価買取しています。
オパールの状態まで拝見し、査定いたしますのでオパールの状態をお知りになりたい場合などもゴールドプラザの無料査定をご利用ください。
オパールの買取はゴールドプラザ

買取コラム

COLUMN

良い口コミバナー画像

はじめての方でもご安心ください

はじめて買取を依頼するときはわからないことが多いかと思います。実際に来店する際に必要になる書類、査定からお支払いまでの流れを簡潔に、かつ分かりやすくご紹介します。