ホワイトゴールド(WG)買取

ホワイトゴールド(WG)の高価買取ならゴールドプラザ

ホワイトゴールド(WG)とは

ホワイトゴールドは、純金の銀やパラジウムを加えて白さを強調した金の一種です。
日本人は、世界でも有数のプラチナ・ジュエリー好きの国民です。
しかし、プラチナは金より硬いので、加工がむずかしく複雑なデザインのジュエリーを作るのは困難です。
プラチナより柔らかくて加工が容易なホワイトゴールドはジュエリーに加工する際の素材として使いやすく、自由度が高いデザインに加工できます。
現在では、世界のジュエラーがこぞってホワイトゴールド製のジュエリーを発表しており、プラチナに負けずとも劣らず白く輝くホワイトゴールドは、日本でも人気素材となりました。

銀やパラジウムがホワイトゴールド(WG)の白さの秘密

18金のホワイトゴールドは、100分の75が純金で残りの100分の25に「パラ割り」と呼ばれるパラジウムを配合するのが一般的です。
(パラジウム以外に、銀や銅を加えているホワイトゴールドもあります。)
銀とニッケルを混ぜてもホワイトゴールドを作れますがニッケルはアレルギーの原因となるので、現在ではパラジウムを配合したホワイトゴールドが主流になりつつあります。

輝く白さをロジウムメッキで表現するホワイトゴールド(WG)

ホワイトゴールドは、実は18金として完成した地金は真っ白ではなく、若干黄色味を帯びています。
私たちがお店で見かけるホワイトゴールド製品は、ロジウムメッキをかけて美しい白を表現しています。
このようにして、プラチナにも負けない真っ白に輝くゴールドが誕生するのです。
また、ロジウムメッキを用いずとも白い金属を作り出すことは可能です。
企業によって使用する金属は様々で、企業秘密にしていることが多く、表舞台に配合金属の名前が出てくることはありません。

ホワイトゴールド(WG)かどうかの確認は刻印で

ホワイトゴールド製品には「WG」の刻印があります。
地金に純金を使用したホワイトゴールドか、それともステンレスなどの金属にロジウムメッキ加工をしたものかは一般の人にはなかなか区別が付きません。
K18WGという刻印があれば、18金製のホワイトゴールドですが、刻印がK18だけで見た目は白いゴールドはホワイトゴールド以外の合金で作った金地金にメッキをかけている可能性があるということを覚えておきましょう。
またK14WGのように様々な含有量のホワイトゴールドも存在します。