18金(K18|18K)買取

18金(K18|18K)とは?

18金とは、金の純度が75%のものを言います。
24金とは買取の相場が異なりイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどの色による種類があります。

18金(K18|18K)の相場・価格

18金の買取価格は、24金の金相場を基準に各業者が設定しています。
これは各業者が買取による利益をどのくらいに設定しているかによるからです。

本日の金相場の変動はこちら

金のレート(1gあたり)
インゴット(金)
K24
K22
K20
K18
K14
プラチナのレート(1gあたり)
インゴット(Pt)
Pt1000
Pt950
Pt900
Pt850

こんなにあるお家のお宝18金(K18|18K)

それでは、実際に18金の金製品にはどのようなものがあるかご紹介します。
18金は、身の回りを探してみると意外に多くの物が見つかります。
ピアス、ブレスレット、指輪などのアクセサリー類をはじめ時計、眼鏡、金歯など、多くの物に使用されています。
金は純金ほど価値が高くなりますが、非常に柔らかい性質のため生活用品として使うには強度が足りないという欠点があります。
そのため、身の回りにある金製品は純金よりも他の金属と混ぜて作られた製品の方が多くなります。
18金は750/1000が純金となり残りは銅や銀を混ぜることで強度を高め、様々な製品に利用されています。

18金(K18|18K)かどうかを知りたい場合は刻印をチェック

18金の金製品には、K18(18K)または750という刻印が入っています。
所有する金製品が18金かどうかを確認してから買取に持ち込む場合は、刻印を調べてください。
18金で、買取が厳しいと判断されるケースは、GFやGPという刻印が入ってあるものです。
これは外側部分だけを金加工したメッキ品なので、買取はできません。
純度が落ちても、それが本当に金であれば、14金や10金でも買取は可能ですがメッキ品については、原則として買取不可としている業者がほとんどです。

「18金」と「18K」と「K18」の違いは?

18金を表す際に18KまたはK18という言葉が用いられます。
どちらも同じ「18金」で、表記の違いで18金、18K、K18の内容はどれも変わりません。
日本製のものは「K18」、日本以外のアジアで生産された製品は「18K」と表すものが多いようです。
18KとK18では 18Kのほうが信用度が薄いと金買取業者間では言われております。

18金(K18|18K)の買取はゴールドプラザで

18金のネックレスやピアスなど使わなくなったジュエリーはございませんか。
タンスの肥やしでは何にもなりませんが、ゴールドプラザにお任せいただければ立派なお小遣いに変えることができます。
18金の無料査定はゴールドプラザにお越しください。
18金(K18/18K)買取ならゴールドプラザ


買取実績

PURCHASE


買取コラム

COLUMN

ゴールドプラザが選ばれる6つの理由

初めての方でもご安心下さい

始めて買取を依頼する時はわからない事が多いかと思います。実際に来る時に必要になる書類、査定からお支払いまでの流れを簡潔に、かつ分かりやすくご紹介します。