ゴールドプラザ店頭買取規約

ゴールドプラザ(以下「当社」という)が提供する店頭買取の規約を、以下の通り定めます。

第1条(目的)

ご利用者様は、店頭買取規約(以下「本規約」という)に従って、店頭買取をご利用ください。

第2条(買取可能品目)

買取可能な品物は、以下と致します。
・金、プラチナ、銀、パラジウム地金及びスクラップ貴金属
・ダイヤ製品、ダイヤルース及びその他宝石類
・ブランド時計
・ブランドバッグ類
・金券
・その他当社指定商品

第3条(貴金属地金及びスクラップ貴金属の買取)

1.買取時間は、当社各店舗の営業時間内となります。
2.1回当たりの買取制限重量は、3㎏までになります。
3.買取価格の案内は、通常1日1回になります。但し、為替や相場の大幅な変動があった場合、変動後の価格を適用することもありますのでご注意ください。

第4条(買取査定)

1.買取ご希望の品物を実際に触り、拝見させて頂いた上で査定させて頂きます。
2.査定金額は、品物の付属品等を全て含んだ金額になります。
3.査定金額にて、当社は買取をさせて頂きます。
4.品物の査定を精緻におこなうため、品物をお預かりさせて頂く場合があります。その場合には、別に定める「お預かり規約」に従って頂きます。
5.品物を返却する場合、品物の状態等を査定前の状態等に復元できない場合があります。
6.品物が未開封であっても状態等の確認のために開封することがあります。開封した品物を返却する場合、当社は開封に伴う原状回復は行わないものとします。

第5条(売買契約の成立)

当社は、品物を査定後、査定金額を提示致します。承諾いただける場合は、買取承諾書にご署名頂いた時点で売買契約が成立となります。

第6条(売買契約の解除)

1.売買契約成立後の品物の返却・キャンセルのお申し出は一切お受けできません。
2.売買契約成立後であっても、万一品物が模造品・改造品・盗難品等の不正品(以下「権利侵害品」という)の疑いがある場合、古物営業法第15条3項【古物商は古物品を買いうけ若しくは、交換する場合において不正品の疑いがあると認めるときには、直ちに警察署にその旨を申告しなければならない。】に基づき、警察署へ申告を致します。
3.品物が権利侵害品であることが判明した場合、当社は催告等何ら手続きを要することなく売買契約を解除することができ、ご利用者様は直ちに当社から受け取った買取金額を返金する義務を負います。

第7条(本人確認について)

1.古物営業法の定めにより、以下に挙げる身分証明書(生年月日・現住所記載・有効期限内のもの)にて、ご本人確認をさせて頂きます。
・運転免許証(住所変更がある場合は、変更記載済みの裏面含む)
・パスポート
・住民基本台帳カード(顔写真が入っているもの)
・健康保険証
・住民票の写し(発行日から3か月以内、本籍・個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)
・在留カード
・その他当社が認めるもの
2.法人のお客様の場合、以下の確認書類が必要となります。
(代表者の場合)
・会社の現在事項証明書又は代表者事項証明書(発行日から3か月以内)
・前項の身分証明書
(代表者以外の従業員が代理人の場合)
・上記代表者の場合の書類
・代表者から従業員(代理人)への委任状
・代理人の身分証明書
3.本人以外(親族含む)の代理人の場合は、以下の確認書類が必要となります。
・品物の所有者本人の身分証明書の写し
・本人から代理人への委任状(本人の自署が必要になります)

第8条(特定取引)

犯罪収益移転防止法(「GK法」)に則り、当社では売買契約が特定取引にあたる場合、以下のように本人確認をさせて頂きます。
1.当社では以下の取引を「特定取引」として定めます。
・買取金額の合計が200万円を超える取引
・100g以上の地金(インゴット形状のもの)を含む取引
2.買取承諾書とは別に特定取引における本人確認証明書にて以下の内容をご記入ください。
・取引名義
・取引の目的
・買取規約への同意
3.本人確認書類は以下のいずれかが必要になります
・顔写真付きの身分証明書
・顔写真なしの身分証明書で異なるものを2種
・顔写真なしの身分証明書1種と3か月以内に発行された公共料金等の領収書の原本

第9条(取引可能年齢)

成人の方に限ります。

第10条(品物の返却)

買取承諾書にご署名前であれば品物のご返却をさせていただきます。但し、複数の品物をまとめて査定している場合は、対象品全ての価格になりますので、部分的な品物の買取、返却、破棄には応じかねます。

第11条(お支払い)

1.ご利用者様が買取承諾書にご署名された後、現金でお支払い致します。
2.法人のお客様の場合、法人名義の指定口座にお支払い致します。(現金でのお支払いは致しません)

第12条(所有権の移転)

当社からご利用者様への代金の支払いをもって、品物の所有権は当社に移転します。

所有権の移転先は以下になります。
株式会社ドリームファクトリー 代表取締役 井上 馨
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目12-17 梅田スクエアビル16F
TEL:06-6346-1170(代表)

第13条(所有権の放棄)

買取可能商品であっても、当社買取基準により査定金額がつかない場合、原則として品物は返却させて頂きます。
その際、ご利用者様が当社による廃棄を希望され、当社が了承した場合、ご利用者様は、その品物の所有権を放棄するとともに、当社による任意の処分に同意したものとみなし、一切の異議申し立てはできないものとします。

第14条(責任の範囲)

1.品物をお預かり中に、品物の紛失・破損等があった場合は、当社に故意又は重大な過失がある場合に限り、当社の買取査定基準に従い、当社における販売価格を上限として補償いたします。
2.商品の価値に直接係わらないと当社が判断する付属品(値札、レシート、ハンガー、紙袋等その他の付属品)及び品物に混入していた物品・金銭等に関しましては一切責任を負いません。

第15条(個人情報の取り扱い)

法令に基づく開示等の場合は、ご利用者様の個人情報を関係機関に提供することがあります。
1.古物営業法上の取引記録、本人確認、サービスの利用のため。
2.古物営業法による警察等の正式な要望に応じた情報提供のため。
3.当社のセール・イベント等に関するご案内を行なうため。

第16条(合意管轄)

本規約に関して紛争が生じた場合、東京地方(簡易)裁判所又は大阪地方(簡易)裁判所が第一審の専属的合意管轄となります。

第17条(規約の改定)

1.当社は以下の場合に、本規約を変更することができます。
・関係法令、関係ガイドライン等の変更があったとき
・利用規約の変更が、ご利用者様一般の利益に適合するとき
・利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
2.変更後の本規約の効力発生日以降にご利用者様が当社サービスを利用したときは、ご利用者様は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第18条(反社会勢力の排除)

ご利用者様が以下に該当する場合又は反社会的勢力の排除に基づく虚偽の申告をしたことが判明した場合には、予告することなく全ての取引を停止し、契約を解除できるものとします。また、これによりご利用者様に損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

1.暴力団、暴力団員、暴力団関係者、暴力団関係団体、その他の反社会的勢力、公共の福祉に反する活動を行う団体かその行為者である場合、もしくは反社会的勢力であった場合
2.自ら又は第三者を利用し、当社の業務を妨害した場合、又は妨害するおそれのある行為をした場合
3.自ら又は第三者を利用し、当社に対して暴力的な行為や詐術、脅迫的な言辞を用いる等した場合
4.自ら又は第三者を利用し、当社の名誉や信用等を毀損した場合、又は毀損するおそれのある行為をした場合
5.自ら又は第三者を利用し、自身やその関係者が1.の勢力である旨を関係者に認識させるおそれのある言動や態様を示した場合

第19条(外国PEPsの報告)

お客様が外国PEPs(Politically Exposed Persons:外国で公的に高位の職位にある者)に該当する場合には、速やかに当社にご報告をして頂く必要があります。申告がない場合又は虚偽の申告と判明した場合には、予告することなく全ての取引を停止し、契約を解除できるものとします。また、これによりご利用者様に損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

株式会社ドリームファクトリー
GP事業本部

2020年4月22日 改定