芸能人・有名人も愛用するカルティエバロンブルーの魅力

2016/06/12

charm-of-cartier-ballonbleu
芸能人やスポーツ選手など多くの著名人に愛用さているカルティエの腕時計。中でも、特に女性に人気が高いのがバロンブルーです。
ここでは、カルティエのバロンブルーの特徴や魅力についてご紹介しましょう。

魅力的な新たなラウンド型ライン

バロンブルーは2007年に登場した、カルティエの中では比較的新しいラインです。
カルティエは、角型ケースのイメージが強いですが、バロンブルーは丸型ケースを採用しています。

カルティエには「パシャ」という、丸型ケースのアイコンとも言えるラインがありますが、バロンブルーとの違いはどういった点にあるのでしょうか。
パッと見てすぐに分かる違いは、文字盤です。アラビア数字が4つ配された、カルティエの中でも独自な文字盤を持つパシャに対して、バロンブルーはローマ数字が配されたカルティエらしい文字盤です。
また、針が剣型というのもパシャと異なります。

バロンブルーの名が意味するデザイン

フランス語でバロンは「風船」、ブルーは「青」を意味しますので、バロンブルーは「青い風船」という意味になります。

では、なぜ“青い風船”という名前が付けられたのでしょうか。
その理由が知りたい方は、バロンブルーをよく見てください。時計のどこかに、青い風船が隠れています。
答えはリューズケースの中。リューズの先に青いサファイヤのカボションが付けられており、まるで青い風船のよう。この部分が、バロンブルーの大きな特徴なのです。
またサイドから見ると、ケースがドーム状に膨らんでいるなど、風船を思わせる美しい曲線が多く用いられており、高級感がありながら軽やかさを感じさせるデザインが、バロンブルーの大きな魅力だと言えるでしょう。

サイズや素材が豊富な事も魅力

バロンブルーはSMのレディースだけでなく、LMのメンズ、MMボーイズと全サイズがラインナップされています。
また素材もステンレススチールのみのモデルや、ピンクゴールドやイエローゴールドとのコンビなどがあります。
性別や年代を問わず多くの人に対応できる、サイズや素材の豊富さが魅力の一つとなっています。
エレガントながら軽やかな雰囲気が魅力的なカルティエのバロンブルー。
風船をモチーフにしたリューズなど遊び心のあるデザインは、着けているだけで心が軽くなりそうです。そんな理由もあってか、キャスターや世界で活躍する俳優など、広いフィールドでアクティブに活動している人たちに多く愛用されているようです。
時間に追われる毎日を送るあなたの腕にも、きっと似合うのではないでしょうか。

カルティエのコラム一覧