シャネルマトラッセとは?その魅力にせまる

2015/08/15

charm-of-matorasse
シャネルのシリーズのなかに、マトラッセと称される一連のデザインがあります。

バッグを中心に、財布や時計、アクセサリーなど小物にいたるまで、同じデザインが施されています。

ここでは、マトラッセの魅力についてご紹介しましょう。

「マトラッセ」とは?

一本の斜めの線をひきます。

これに平行するように、たくさんの斜線を引いて、次にクロスするように、逆向きの斜線をたくさんひきます。

ひし形のような模様になりますが、このようなデザインを施したものをマトラッセと言い、シャネルのバッグでは定番のデザインとなっています。

それぞれの斜線は糸で縫い付けてあり、ひし形の真ん中を頂上とした、ふっくらと柔らかな盛り上がりを描きます。

そこにシャネルの「C」を組み合わせたブランドマークを飾るのが、マトラッセの定番デザイン。

シンプルで機能性を重視し、深みのある落ち着いた雰囲気があるので、幅広い世代の女性に支持されています。

マトラッセには、革(レザー)や布、ナイロン、スエードなど、さまざまな素材のものがあります。

また、それらの素材にエナメル加工を施すことによって、本来の色をより鮮やかに表現することができます。

chanel_bag

シャネルマトラッセは25と30が、使いやすい定番のサイズ

シャネルのバッグをコーディネートに取り入れる際は、全体のイメージに合わせて、バッグのサイズにも気を付けたいところ。

訪れる場所も考え、最適なサイズを選ぶようにしましょう。

人気のショルダーバッグには、23、25、30、34の4種類のサイズがあります。

23はとても小さく、お財布程度の小さいものしか収納できませんので、アクセサリーとしての側面も持ち合わせています。

一方、34は容量が大きくて便利ですが、大きすぎてパーティー会場などには不向きです。

「使いやすい」と人気のサイズは、25と30。トータルコーディネートを邪魔しない適度なサイズで、かつシャネルのシンプルなデザインがしっかりと存在感を示しています。

より使いやすさを重視するのであれば、サイズ30がおすすめです。

実はカジュアルでも?!マトラッセのコーディネートは自由発想で

若い女性を中心に、シャネル定番のマトラッセをどのようにコーディネートすればよいのか悩んでしまう方も少なくないようです。

落ち着いた黒、派手目の赤など、商品自体に惹かれて購入したものの、コーディネートの仕方が分からないと宝の持ち腐れになってしまう場合も。

シャネルは、必ずしもフォーマルな場に限定されたブランドではありません。

創業者のココ・シャネルは、むしろ開放的でスポーティーなイメージでブランドを成長させてきました。

近年、ジーンズにTシャツなどのカジュアルな服装のアクセントとして、マトラッセを身に着けている女性も多くみられます。

「シャネル=フォーマル」という先入観を捨てて、シンプルで気品あるデザインをただ楽しむ。

この発想に立ち返れば、シャネルには無限のコーディネートがあると言えるでしょう。

シャネルのマトラッセが気になりながらも、なかなか手が出せなかった人はショップなどで手に取って、鏡の前で合わせてみてください。

頭で考えるよりも、実際に合わせてみた方がきっとコーディネートをイメージしやすいはずです。

自分に合った自由なコーディネートを考えてみるのも楽しいのではないでしょうか。

ブランドコラム一覧