エルメスの特徴

2016/07/01

features-hermes
多くの著名人に愛用されている世界的なファッションブランド「エルメス」。

女性はもちろん、男性にも愛用者が多いブランドですが、エルメスの特徴とはどういったものなのでしょうか。

創業150年以上という長い歴史を振り返りながら、エルメスが多くの人々を惹きつける魅力について探りたいと思います。

始まりは馬具工房

エルメスが創業したのは1837年で、初代となるティエリー・エルメスがパリに馬具工房を設立したのがはじまりです。

それは馬車をモチーフにしたロゴにも表れており、その後パリ万博で金賞を受賞するなど、その名を広めていきます。

そして1890年代には、現在でも多くの女性が憧れ買い求めるバーキンの原型となったエルメス初のバッグ「オータクロア」が製造されます。

ただし、この時は馬具を収納するためのバッグでした。

世の変化に対応し、さらに成長

20世紀に入り、交通手段がそれまでの馬車から自動車へと移り始めたことに伴い、車での移動を見据えた女性用のバッグや装飾品など、商品の幅を広げていき、1920年代には世界初となるファスナー付のバッグを販売します。

このアイデアは、当時軍用車の幌に付けられていたファスナーの機能性と魅力的な形状に惹かれたことから生まれたと言われています。

今ではファスナー付バッグは当たり前ですが、その始まりはエルメスだったのですね。

その後も女優のグレース・ケリーが愛用したことがきっかけで、発売から20年後の1956年に改名された「ケリー・バッグ」や、もともと女性歌手のジェーン・バーキンのために製作されたバッグである「バーキン」などが販売されます。

また、馬蹄柄のスカーフなど現在でも定番となっている商品が続々登場し、さらなる成長を遂げ、エルメスは世界で愛される高級ブランドとなるのです。

hermes

広く愛されるエルメス その特徴は?

エルメスの最大の特徴として、品質の高さがあげられるのではないかと思います。

もともと馬具工房から始まり、長期間にわたって皮素材と向き合ってきたため、素材選びにも定評があります。

また、バッグにおいては制作から仕上げまでが1人の職人の手によって行われ、その多くの製品には職人番号が記載されています。

品質を製作者自らが保証し、自信を持って世に送り出すその姿勢が高く評価されていると言えるでしょう。

エルメスのバッグの機能性

エルメスのバッグは、機能的であることも大きな特徴です。

デザインにとらわれ過ぎて、機能性がいま一つ欠けてしまうブランドもある中、エルメスのバッグはエレガントなデザインを保ちつつ、容量が多いものが揃っています。

何かと持ち物の多い女性にとっては、仕事でもプライベートでも非常に使い勝手の良いアイテムだと言えるでしょう。

品質や機能性、デザイン性も兼ね備えたエルメスのアイテムは、女性なら一度は持ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

少々値は張りますが、それだけの満足感はきっと得られるはず。

予算の関係で新品を購入するのはなかなか難しいという方は、中古市場に目を向けてみてはいかがでしょうか。

中古であれば憧れのバッグが手頃な価格で入手できるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

ブランド品のコラム一覧