エルメス ノマードの特徴とその魅力

2016/12/26

hermes-nomado
ブランド時計を選ぶ人には、それぞれこだわりがあるものです。
エルメスのノマードは、高級感だけでなく、上品な遊び心や、あえてエルメスらしいアクティブ感を楽しみたいという人に、オススメの時計です。
現在は生産されていませんが、オークションでは人気の高いノマードの魅力に迫っていきましょう。

エルメス「ノマード」の特徴

最近ではノマドワーカー、ノマドワーキング、などという言葉を聞くことがあるかもしれません。特定の勤務地を持たずに、カフェや共同オフィスなどで仕事をするという人やスタイルのことを、こう呼びます。
エルメスの「ノマード」は、これら「ノマド」と同じ意味を表します。フランス語でノマードは「遊牧民」です。
なぜエルメスの時計に、遊牧民の名前が付けられたのか。
それは、コンパスが内蔵されているからです。表面は、しっかりとした文字盤の時計ですが、裏面を見れば、なんとそこにはコンパスが。遊牧民には、方角を確認するためにコンパスが必要。エルメスらしい、洒落たネーミングですね。
鏡面仕上げの裏面には、エルメスの刻印が堂々と入っており、ツヤツヤとした高級感溢れる仕上がりになっています。男性には、エルメスらしい、上品なクロノグラフも人気です。
また、ノマードは、エルメスがムーブメントに、オートクオーツを初めて採用した時計でもあります。
最近では、光式クオーツに押されて、あまり見かけることもなくなりましたが、海外ブランド時計でオートクオーツといえば、エルメス ノマード、と言われるほどです。
ノマードには1種類だけ自動巻がありますが、それ以外は全てオートクオーツ。腕にはめていれば、その振動でローターが回って、自動的に充電されます。外している時間が長い場合には、リューズをまけば大丈夫です。しかも、このムーブメントは、持続時間が最高100日間と、かなり長めのパワーリザーブ機能を持ちます。この辺りにも、何となく遊牧民らしさが感じられませんか。

hermes

エルメス「ノマード」の魅力とは?

2001年の発売から時間が経っていますが、今でも中古市場では一定の評価を得ています。
やはり、エルメスと言えば革製品。革ベルトの時計が確かに人気ですが、ステンレスベルトを選んでも、ノマードのカッチリ感を存分に味わうことができます。
メンズはもちろん、レディースであればより重厚感が出ますので、例えばビジネスシーンでも、引き締まった印象を与えてくれます。
もちろん、オートクオーツなので、定期的に点検だけしておけば、ずっと使い続けることができます。
エルメスのHウォッチやクリッパーとは、ちょっと違う魅力のノマード。生活する上でコンパスが必要!というアクティブな理由で選ぶ人もいるでしょう。
ただ、エルメスとコンパスという、組合せの意外感で選ぶのもいいかもしれません。そもそもエルメスは馬具を専門にする会社。馬に乗って、コンパスを頼りに、ノマード=遊牧民のように旅をするには、この時計がぴったりなのでしょう。

エルメスのコラム一覧