プラチナ(PT)-高価買取貴金属

ゴールドプラザが選ばれる6つの理由

買取実績

PURCHASE


買取コラム

COLUMN


platinum

プラチナには様々な種類のものがあります。
Ptの後の数値がその純度を表しているのですが、社団法人日本ジュエリー協会では、Pt850以上のものを「プラチナと呼んでよい」としています。

Pt1000

純度100%のプラチナのことです。
100%のプラチナは、柔らかいため傷つきやすく、加工しにくいと言われております。

Pt950

純度95%のプラチナのことです。
5%には、パラジウムやイリジウムなどが含まれています。
加工する際に変形しないように、プラチナにこれらの金属を混ぜ、強度と硬度を高めています。

Pt900

純度90%のプラチナのことです。
10%には、Pt950と同様にパラジウムやイリジウムなどが含まれています。
プラチナの硬度は純度に反比例するという性質があるため、Pt950よりもPt900の方が硬度は高いです。
また、Pt900は加工のし易さから、デザイン性の高さを重視する日本の装飾品に良く使われます。

Pt850

純度85%のプラチナのことです。
15%には、Pt950やPt900と同様にパラジウムやイリジウムなどが含まれています。

詳しいプラチナ相場の変動はこちら

金のレート(1gあたり)
インゴット(金)
K24
K22
K20
K18
K14
プラチナのレート(1gあたり)
インゴット(Pt)
Pt1000
Pt950
Pt900
Pt850

プラチナ(PT)の用途

日本では古来よりジュエリーとして使われるプラチナですが世界全体で見ると工業用製品として使われる傾向が強い素材です。
このため、景気と反比例して価格の上下変動が起こる金と真逆に景気に比例して価格が上下する傾向があります。
景気が良くなる、工業製品が売れる、素材としてのプラチナが使われる、価格が上がるという仕組みです。
特に車のガソリン周りで使われることが多かったためか電気自動車が普及し始めた昨今、徐々に価格が下がりつつある素材になります。

プラチナ(PT)の刻印による見分け方

基本的には「Pt」と刻印されるプラチナですが20-30年以上前は「Pm」と刻印されていました。
こちらはプラチナを使用しているという程度の刻印でPm900と刻印されていても信憑性が薄く刻印より純度が低いことがあるため注意が必要です。


初めての方でもご安心下さい

始めて買取を依頼する時はわからない事が多いかと思います。実際に来る時に必要になる書類、査定からお支払いまでの流れを簡潔に、かつ分かりやすくご紹介します。