イエローゴールド(YG)-高価買取貴金属

ゴールドプラザはイエローゴールド(YG)を高価買取しています

イエローゴールド(YG)とは

一般に流通している金製品で最も多いのはイエローゴールドで、略称はYGです。
流通量が多いということは、買い手市場と売り手市場が共に活況であるということを意味しており、買取の際に高く評価されるポイントの一つとなっています。
18金は、24分の18(75%)が純金で、残りの24分の6(25%)に他の金属が含まれています。
24金では柔らかすぎるので、銀と銅を加え、純金に近い色で強度を高めて変型しにくいように工夫を凝らしているわけです。

合金に使う金属の割合で変わるイエローゴールド(YG)の色

イエローゴールドの色は、純金に混ぜる銅や銀の割合によって変わります。
銅の割合が多ければ赤みの強い18金になり、銀が多ければ青みの強いK18になります。
そのため、同じ18金でもメーカーによって微妙に色が異なることがあります。

時代を反映するイエローゴールド(YG)の色

18金アンティークジュエリーの色は、製作された年代や国によって異なります。
例えば、19世紀末のベルエポック時代のフランスでは、明るく活気に満ちた時代の影響でゴールドの色も明るいものが好まれました。
そのため、銅を多めに配分して現在より赤味の強いイエローゴールドのアクセサリーが作られていました。
※イエローゴールドの銅の割合を増やしていくとレッドゴールドになります。
レッドゴールドは、24分の18(75%)が純金で、残りの24分の6(25%)の内、銀と銅の割合が、銀3以下、銅7以上で作られます。
この様な歴史があるため、アンティークジュエリーの場合は、純正の18金ゴールドでも、一目見ただけでは18金に見えないことがあります。

イエローゴールド(YG)には黄色いダイヤモンドが合わせられる

ダイヤモンドは光の透過性が極めて高いので、地金の色がダイヤモンドの色に影響を与えます。
純金に近い自然な色合いのイエローゴールドも、ダイヤモンドの色に影響します。
そのため、イエローゴールドとダイヤモンドを合わせる時は、黄色いダイヤモンドが用いられることが多くなります。