ゴールドプラザのサービス・時計修理とオーバーホールについて

2019/02/27

ゴールドプラザでは中古品の買取、販売に加えて様々なサービスを行っております。今回はその一つである時計修理とオーバーホールについてまとめました。
オーバーホールバナー画像

そもそもオーバーホールとは?

 オーバーホールとは、時計を全て分解し部品の一つ一つを洗浄・注油することを言います。この作業を機械ではなく職人たちによる手作業で行われるのです。(ゴールドプラザのHPにオーバーホールの様子をまとめた動画がございます。)基本的な機械式時計はおよそ100個以上、複雑機構の時計になると1000個以上のパーツがあります。分解した時計をまた元に戻すというのは、神経と体力を使い、パーツの場所を覚える為の記憶力を問われる実に大変な作業なのです。オーバーホールと一緒に磨きや風防の交換なども依頼すれば購入当初のようなピカピカになってお手元に戻ってきます。
ロレックス買取-高額腕時計のご売却は安心と信頼のゴールドプラザへ3

何故オーバーホールが必要なのか?

 時計は絶えず時を刻み、私たち人間が眠っている間も動き続けています。動物や植物と違い機械(時計)は頑丈で強固なイメージがありますが、内部では様々な異変が起き始めています。時計はゼンマイが噛み合って動くのですが、同時に少しずつ摩耗(擦れ合う)していきます。やがてそこに汚れが溜まり機能に支障をきたす恐れが出てきます。同時にパーツの油も渇き始め、時間のズレや故障に繋がります。こういった内部の変化は購入してから3年〜5年といわれており、この時期にきちんとオーバーホールを依頼することで故障の予防に繋がります。例えるなら、毎年健康診断や人間ドッグを行う私たちのように病気(故障)の早期発見、というところでしょうか。 
 仮にオーバーホールをせず、使い続けた場合ですが直ぐに壊れることはないと思います。しかし、何十年振りにオーバーホールの依頼をかけた際、劣化による部品交換で通常よりも高値で請求されてしまいます。時計は大切に扱えば一生物です。毎年行うわけではありませんので、自分の体の一部だと思い周期ごとに労ってあげてください。
カルティエ買取-不動の人気カルティエ腕と計の買取ならゴールドプラザ1

時計修理、オーバーホールの依頼先

 時計修理、オーバーホールの依頼先ですが、直営店もしくは街の時計屋になります。(最近ではインターネットでの依頼もあります。)一番良いのは直営店での依頼ですが、例えばロレックスですと通常でおよそ5万以上となっており、長期間放置していた時計で部品交換を含めますとおよそ20万前後にもなります。期間は1ヶ月から長くて半年かかるケースもございます。海外ブランドは本国の職人たちによって行われ、世界中から依頼を受け付けておりますのでどうしても時間がかかってしまいます。
 一方で、全国にある時計修理店いわゆる正規メーカー以外となりますと、修理、オーバーホールはおよそ半値、期間は長くて2ヶ月です。リーズナブルな価格で比較的早く時計が戻ってくるのは魅力的ですが、注意点もございます。それは依頼先に信頼性と確かな技術があるのかということです。高いお金で買った大切な時計です。いくら安いからといっても直ぐに再修理が必要になるようでは困ります。初めてのメンテナンスは同じく時計をお持ちのお知り合いの方やお勤め先の方々にご相談し、信頼ある修理店を教えてもらうのが良いのではないでしょうか。
 それでも有益な情報が得られなかった際は是非、ゴールドプラザにご相談ください。修理サービス先はゴールドプラザが買取したお品物や販売品などをメンテナンスしている信頼と実績のある会社です。各買取店舗にて依頼出来ますので、どうぞお気軽にご利用ください。
オメガ買取(OMEGA)スピードマスター・シーマスター・デヴィルなどオメガの人気腕時計を高価買取中1

関連リンク

ロレックス(ROLEX)の歴史
カルティエ(Cartier)時計の魅力について
時計の買取はこちら