トップジュエラー!老舗メゾン、ブシュロン(BOUCHERON)

2016/10/04


本日のコラムでは、BOUCHERON(ブシュロン)について少しだけお話させて頂きたいと思います。

創業者フレデリック・ブシュロン

大胆な感性を持ち、卓越と革新を追い求める人物として認められていたフレデリック・ブシュロンは、自ら最高な宝石を追い求めて世界中を旅していたそうです。
ジュエリー創作技術の高さを駆使することで数々の傑出作品を生み出していき、それらの傑出した作品の多くが万博博覧会で賞を受賞することになります。
『クリエイションの継承だけではなく、卓越した作品への賞賛と情熱がお客様と共に分かち合うこと』これが、フレデリック・ブシュロンが望んだことのようです。

ブシュロンの歴史

1858年にフレデリック・ブシュロンが当時パリの高級品取引の中心地であり、流行の最先端の場所でもあるパレ・ロワイヤルにオープンした店舗が始まりになります。
1893年にはパリのヴァンドーム広場26番地にブティックを出店し、1866年に開設した自社アトリエも移転させました。
このヴァンドーム広場26番地に高級宝飾店を出店させ、拠を構えたのはブシュロンが最初だったそうです。
フレデリック・ブシュロンはヴァンドーム広場の明るく照らす光に魅了されたようで、もっとも日当たりが良い宝石を引き立たせる場所を選び、くつろぎと高級感漂う建築様式のヴァンドーム広場の店舗は1930年に歴史的建造物に指定されます。
『お客様を自宅のようなくつろぎの空間に迎えたい』という願いから店舗には独特な特別な雰囲気があり、訪れる人々にまるで家族の一員であるかのような印象を与えているようです。

ブシュロンは2008年に創業150年を迎えました。
ヴァンドーム広場26番地のアトリエは伝説の場所になっているそうで、職人たちの比類なき技術を次世代へと継承していくことで卓越した伝統を守っていき、素晴らしい作品の数々を創り出し続けています。

パリの5大ジュエラー【グランサンク】

【グランサンク】とは、ヴァンドーム広場に店舗を構える宝飾店の中でも高級宝飾協会が認めた5大ジュエラー(5大宝飾店)の事を指しています。
・ブシュロン
・ショーメ
・モーブッサン
・メレリオ・ディ・メレー
・ヴァンクリーフ & アーペル
この5つがヴァンドーム広場に拠を構えるパリの5大ジュエラーで、ブシュロンはその内の一つで圧倒的な存在感を持つ老舗メゾンになります。