エルメスのHウォッチの特徴とその魅力

2016/10/01

hermes-hwatch-feature
1996年の発売以来、エルメスらしい時計として人気のあるHウォッチは、パッと見ただけですぐに目を引く「H」の文字が印象的です。

レザーベルトの色によって時計全体の印象が変わるので、同じHウォッチでもさまざまな顔を見せてくれます。

ここでは、そのHウォッチの特徴や魅力についてご紹介していきましょう。

エルメスのHウォッチとは

現在生産されている主なエルメスの時計は、アルソー、クリッパー、Hウォッチのシリーズです。

また、最近ではウエアラブル端末として注目されている「アップルウォッチ エルメス」を発売したことでも話題になりました。

エルメスらしい高品質で洗練されたデザインのレザーベルトをアップルウォッチに組み合わせたことで、落ち着きのある端末に仕上がりました。

こうしたエルメスのレザーの魅力は、Hウォッチでも存分に楽しむことができます。

Hの文字を用いた大胆なフォルムですが、決して嫌味ではない、バランスの良いデザインであるため、手元の良いアクセントになります。

女性向けのデザインだと感じている方もいるかと思いますが、実際に着用してみると、男性の腕にも負けることのないインパクトがあるので、ペアでHウォッチを選ぶのもおすすめです。

また、ステンレスベルトにすればHの文字もグッと落ち着いた印象になりますので、ビジネスシーンにも違和感なく馴染むでしょう。

hermes

Hウォッチの特徴と魅力

Hウォッチシリーズは、大きさによって2種類に分けられています。

PM

サイズの小さい方のHウォッチ「PM」。

21ミリ四方なので全体的に華奢な印象になりますが、ベルトのデザインを楽しむにはおすすめのサイズです。

ロゴが分かりやすく、色々な部分にあしらわれているので、エルメスファンにとっては嬉しい限りです。

TGM

サイズの大きい方のHウォッチ「TGM」。

32.2ミリ四方なので、Hの文字の印象もかなり強いように感じます。

ただ、ベルトにはシンプルな色のレザーが選ばれているので、使い勝手の良さもあり、男性だけでなく女性にも人気です。

エルメスのHウォッチだけに限りませんが、やはりベルトの色や太さを変えるだけでかなり印象が変わります。

シンプルにブラウンレザーのストラップを選べば、年齢を問わず落ち着いた印象に、ホワイトに代えればきりっとした印象になります。

ドゥブルトゥールという二重巻きの細めのレザーベルトのPMを選べば、アクセサリーの要素を楽しむこともできます。

レザーベルトには抵抗があるという方は、ステンレスベルトを選べばシンプルで腕なじみの良いHウォッチになります。

Hウォッチは、カタログなどで見るとどうしても大胆な印象が受けますが、実際に腕につけてみると、それほど馴染みの悪い時計ではありません。

むしろ、エルメスらしい上品さが感じられる時計だと言えるでしょう。

また、ベルトの色や太さを変えれば、同じHウォッチなのに違う表情を見せてくれます。

最初は抵抗感のあった人でも、一度のその魅力に気付くとHウォッチをコレクションしたい! という気持ちになること間違いなしです。

時計コラム一覧